夢見た車がクルクル

新しい車との生活 車購入時のポイント Aさんの場合

 

車を購入する時、前もって調べたりしても、ポイントとが沢山書かれていて、結局乗りたい車というだけで選んでしまってる方もいたりします。
なのでポイントをおさえて、よりよい車購入をしてもらう為にお伝えしていきます。

 

優先順に6つに分けて、ポイントを上げていきます。

 

1、車の用途を考えます。

 

例えば、家族が沢山いるから、大きめな車が必要だなとか、結婚するにあたって家族も増えるから、少し広めで使いやすい車だとか、大まかなイメージや用途を考えます。

 

2、予算を設定することです。

 

予算を設定しておくと後々で、ほしいから奮発して買った、購入後もう少し抑えておけばよかった等、迷いや悩みの元になります。
なので、最大でどの位の値段の車を購入できるのか、抑えたいか等を決めておく事です。

 

3、車種は何があるか知り、性能、価格、特徴を知る事です。

 

車種は、何があるか知らない方結構います。
ディーラーに行って、どんな車お探しですか?と尋ねられても、抽象的な伝え方でしか伝わらず、後々になって進められた車の中からでしか、選ばなかった等よく聞きます。
車種を絞り込む前に、まずは車自体を知る事が大事です。

 

4、ここで改めて、優先順位を決めます。

 

デザイン重視なのか、価格重視なのか、性能重視、生活状況重視なのかを、決めます。

 

5、車種を2つ、もしくは3つに絞り込みます。

 

比較する事で、大きさの違いや、それぞれのメリットやデメリットが、わかりやすくなります。
例えば、大きめの車を希望していて、ミニバンのノア、SUVのハリアーを比較すると、ノアはファミリー層に人気で広々使えて大きさも扱いやすいそう、ハリアーの広さはファミリー層向きではない、大きさも前後の間隔がわかりづらい等、比べられるように、2つもしくは3つに絞ります。

 

6、候補にあげた、車を必ず試乗させてもらう。
もしくは、ディーラーさんに運転して頂いて、第三者の感覚で判断する。

 

試乗させてもらう事は、普通にあると思いますが、運転するご自身が運転してもらう事で、内装、乗り心地、広さ等、改めて気付く事が結構あります。

 

これらが、優先順位をつけやすい購入のポイントです。
ですが、自分で決めた事が不安な方もいるはずなので、ディーラーさんに選び方があっていたかを最終確認してもらう、アドバイスを頂くのがいいです。

 

新しい車との生活 車購入時のポイント Bさんの場合

車選びのポイントはいくつかあります。値段、ブランド、店員さんの対応などもありますが車自体の機能面で選ぶならまず燃費です。新しい車は燃費が高いものがほとんどになっていますが中古車は燃費が悪いものも多くあります。10万qを走ることを想定するとリットル30qの車とリットル15qの車で比較すればガソリンの価格によっても差がでますが1リットル150円なら50万円のガソリン代の差がでます。 次に広さです。家族が多い家庭には一番大事なポイントかもしれません。子供達を乗せて買い物に出かけてもたっぷり荷物を載せれる収納力は必要でしょう。 あと、フロントガラスはUVカット出来るものだと尚良いです。女性にとっては日焼けしてしまうことも気になる点です。 更にこれから増えてくるであろう機能で安全に考慮した衝突を検知する自動ブレーキシステムです。まだまだ進化しそうな機能ではありますが自分自身の安全運転を一番大事にしつつも万が一の備えとして押さえておいてもいい機能かもしれません。 高速道路の運転が多い人にとってはクルーズコントロール機能もつけておきたいところです。アクセルを踏まなくても一定速度で運転してくれるので長時間の運転での疲労度が全然違ってきます。 最後はデザインです。長い期間愛着を持って乗る為には気に入ったフォルム、カラーのものを選ぶこともポイントです。

新しい車との生活 車購入時のポイント Cさんの場合

車購入時のポイントはいくつかありますがまず一つ目に車をどんな用途で使うかを決めていたほうがいいです。例えば独身だったりするとどちらかといえば軽がいいと思います。維持費を考えたり乗り心地を考えたりするには軽が良いと思います。家族ですと車は何年も乗っていくことができるものですのでできたら普通車がいいと思います。確かに結婚したばかりですと軽のほうが維持費も値段の安いと思われるかもしれませんが普通車を最初に買うことによって軽からの買い替えを考えなくてよくなります。やはり買い替えをするとなると手間もありますし最初に買った車が良い状態で買い替えするときによい値段で売れるかといったら難しいこともありますので、そこから換算して比べると最初から普通車を買ったほうがお得になります。そして色も考えなければなりません。車の色はその車の種類によって何種類か変わってきますが何より色があまりない色になると万が一傷がついたりして塗り直すときに値段が高くなってしまいます。普通にある白や黒などは地味というかたもいらっしゃるかもしれませんが塗り直しも簡単にできますし素人でもできるようなものがショップで売られていますのでそういった車を買った後のことも想定して購入時のポイントとしたほうがいいと思います。一般の方が実体験に基づいて記載しているサイトなどを見て判断するのもよいでしょう。雑誌等ではその車につて本音で語ることはないからです。 車選びに参考にしたい本音のサイト くるま情報プレミアム ご参考にしてください。